世界ガイド
Watch! CLMB編集部
Watch! CLMB編集部

ホームページ

2年定期預金の金利は8%! カンボジアの銀行がスゴいことに


2015年7月9日

2年定期預金の金利は8%! カンボジアの銀行がスゴいことに
 カンボジアの通貨は事実上米ドル! 旅行者でも口座が持てるカンボジアでの資産運用は初心者にもハードルが低そうです。

すっかり都市化した首都・プノンペン

 急速に社会整備が進むカンボジア。首都プノンペンでは、内戦の面影はほぼ見つからないほどとなりました。市内には高層ビルがニョキニョキと建ち、クルマが普通に走り回り、外国資本のカフェが立ち並び、と「フツーの東南アジアの街」と変わらないレベルに。泥臭いアジアを求めて出掛けたとしたらきっと拍子抜けすることでしょう。
さて、そのカンボジア。現地には「リエル」という通貨があるにはあるのですが、実際に使われているお金はほとんどが米ドル紙幣。リエルはセント単位のコインの代わりに使われているだけ、という状況です。

 そんな背景もあり、同国での外貨保有や取引は完全に自由。出入国する際に1万ドル相当以上の外貨を持っていると税関での申告を求められるものの、国外への送金に規制は一切ありませんから、外国人でもほぼ自由にお金を出入りさせられるわけです。

預金口座の開設は自由にできる

 カンボジアでの外貨建て口座の保有は自由にできます。旅行者など非居住者による預金口座の開設も規則上自由で、マネーロンダリング規制以外の制限はありません。観光ビザによる入国でも必要書類が揃っていれば口座開設を認める銀行もありますが、そもそもカンボジアには「入国時に自己申告でビジネスビザが取れる」というスゴいルールがありますから、ビザの取得で頭を悩ます必要もありません。

驚きの預金金利を見よ!

 編集部が入手した、現地の金融大手カナディアバンクの預金金利表を改めて見てみましょう。
米ドルの普通預金金利は0.75%(年利、以下同じ)と普通の水準ですが、これが定期預金となると恐ろしい数字になります。6カ月定期で3.50%、1年で4.75%、そして2年では5.50%に達します。さらに現地通貨のリエル建てなら 2年定期で8%! 、単純計算で10年もおいておけば預金が倍増するというわけです。もっとも非居住者の定期預金の利息には14%課税されますが、利率のスゴさから見ればさほど気になりません。

 「リエル建てはさすがにリスキー」という人は、米ドルで様子を見るというのが妥当でしょう。100万円も預けておけば、1年に1度利息でアジアに遊びに行ける、という見当です。FXと違い、現金で全額預けなければいけませんが、アジアでの資産運用としては入門的トライアルとなりましょう。
カナディアバンクのサイト www.canadiabank.com
※Watch! CLMBによるカンボジア関係書籍はこちら!
カンボジアで事業を興す ビジネス渡航・視察・進出・投資Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4876417997/

※世界ガイド編集部より:上記の内容は、サイト運営者の意見を反映したものではありません。投資については個人の判断により行ってください。本サイトは投資の決定について十分な根拠を与えるものではありません

高金利 新興国 資産運用 カンボジア

Watch! CLMB編集部
Watch! CLMB編集部

ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • メール

  • RSS